お得に収益物件を購入|価値を見定めて上手に買取

家

賃貸経営とリスク回避

不動産

賃貸経営と今後

賃貸経営を行う場合、通常は貸し出しを行うアパートやマンションを建設し、入居者を募集、貸し出しを行うことになる。この際、リスクとしてあるのが空室の発生である。空室の発生することで、家賃収入が得られなくなり、アパートなどを建てた際の返済計画が成り立たなくなってしまう。また、アパートやマンションを所有している場合、それを維持するためにも資金が必要になる。さらに、入居者募集を行うことにもお金が必要になるなど、空室発生に対するリスクは大きい。そこで、最近利用が増えているのが、一括借り上げである。一括借り上げは、アパートなどを建てた際、業者が一括で借り上げを行い、業者が運営していく手法になる。賃貸経営のリスク削減の傾向から、一括借り上げによる方法は今後も活用が見込まれる。

賃貸経営における工夫

賃貸経営を行う際、一括借り上げを利用する際には、一括借り上げではそれを行う業者が、家賃を設定するなど賃貸管理の全般を行うことになる。オーナーは、空室の発生に関わらず予め一定の収益を受け取ることができる。その為、オーナーとしては返済計画が立てやすくなる。しかし、これらを行う業者では、空室のリスクなどを見越し、オーナーへ支払うお金を少な目に設定する傾向がある。その為、一括借り上げを利用する際には、取り分がどの程度になるかを予め十分確認することが重要になる。特に、空室発生なく運用できる知識などを有している場合には、個人で運営した方が収益が上げやすい場合もあるため、検討が重要になる。